02 | 2017/03 | 03
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Author:kokunaijinken
 わたしたちが使える国内人権機関を設置するための働きかけを行うNGOの集まりです。

 国内人権機関と選択議定書を実現する共同行動、アムネスティ・インターナショナル日本、石原都知事の女性差別発言を許さず、公人による性差別をなくす会、レインボー・アクション、すぺーすアライズ等が2012年2月1日に市民集会、2月2日に院内集会を行なったことで発足しました。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PDFファイル公開】『「国内人権機関」をつくろう』『ANNI(国内人権機関に関するアジアNGOネットワーク)年次報告書』

2013.11.30 11:15|プレスリリース
 『「国内人権機関」をつくろう』と『ANNI(国内人権機関に関するアジアNGOネットワーク)年次報告書』のPDFファイルを公開いたします。ぜひご覧ください!(画像の下にリンクがあります。)

国内人権機関

『「国内人権機関」をつくろう』

ANNI 2013 230913

『ANNI(国内人権機関に関するアジアNGOネットワーク)年次報告書』
スポンサーサイト

テーマ:政治
ジャンル:政治・経済

【映像公開】具体的に考えよう~人権機関の役割とは~●『差別表現にどう対処するか? 現行法制度下の限界』

2013.05.12 21:12|連続勉強会
【動画】差別表現(ヘイトスピーチ等)にどう対処するか? 現行法制度下の限界◆師岡康子さん


今回のイベント概要
【連続勉強会】
具体的に考えよう~人権機関の役割とは~第3回
『差別表現にどう対処するか? 現行法制度下の限界』


「外国人お断り」
「ゲイのパレードを見ましたけど、見てて本当に気の毒だと思った。男のペア、女のペアあるけど、どこかやっぱり足りない感じがする」
「女性が生殖能力を失っても生きているってのは、無駄で罪です」

 こうした発言は明らかに差別ですが、現在、こうした発言を行なっても処罰されることはありません。このような差別発言は現在、違法行為ではないからです。

 では、差別発言を受けた人は泣き寝入りするしかないのでしょうか?

 今回の勉強会では、京都朝鮮学校襲撃事件、石原前都知事の差別発言、被差別部落出身者に対する差別ハガキ事件など、実際に起きた問題を取り上げ、現行法ではどのような対応がなされたのか、被害者が納得できるような対応をするにはどのような限界があるのか、そして、被害者を救済するためにはどのような法制度が必要なのかについて考えます。

■日時:2013年3月26日(火)18時半~20時半(18時受付開始)
■場所:東京麻布台セミナーハウス4階中研修室
http://www.keiho-u.ac.jp/research/asia-pacific/access.html
■資料代:500円
■講師:師岡康子さん
・・・大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター客員研究員。2007年9月からアメリカ・イギリスのロースクールに留学し、人種差別撤廃条約と各国の人種・民族差別撤廃法を学ぶ。
■主催:人権政策制度研究会
■共催:アムネスティ・インターナショナル日本、公人による性差別をなくす会、選択議定書と国内人権機関を実現する共同行動、レインボー・アクション



具体的に考えよう~人権機関の役割とは~ これまでの開催イベント
●第1回 ホームレスと生活保護
イベント概要はこちら。
YouTubeに全動画のプレイリストがあります。
●第2回 セクシュアルマイノリティと人権
イベント概要はこちら。

テーマ:政治
ジャンル:政治・経済

具体的に考えよう~人権機関の役割とは~ 第3回「差別表現にどう対処するか? 現行法制度下の限界」

2013.02.14 17:04|連続勉強会
「外国人お断り」
「ゲイのパレードを見ましたけど、見てて本当に気の毒だと思っ
 た。男のペア、女のペアあるけど、どこかやっぱり足りない感
 じがする」
「女性が生殖能力を失っても生きているってのは、無駄で罪です」

こうした発言は明らかに差別ですが、現在、こうした発言を行なっ
ても処罰されることはありません。このような差別発言は現在、違
法行為ではないからです。

では、差別発言を受けた人は泣き寝入りするしかないのでしょうか?

今回の勉強会では、京都朝鮮学校襲撃事件、石原前都知事の差別発言、
被差別部落出身者に対する差別ハガキ事件など、実際に起きた問題を
取り上げ、現行法ではどのような対応がなされたのか、被害者が納得
できるような対応をするにはどのような限界があるのか、そして、被
害者を救済するためにはどのような法制度が必要なのかについて考え
ます。

ぜひご参加ください。

■日 時:2013年3月26日(火)18時半~20時半(18時受付開始)
■場 所:大阪経済法科大学麻布台セミナーハウス4階中研修室
     http://www.keiho-u.ac.jp/research/asia-pacific/access.html
■資料代:500円
■講 師:師岡康子さん
      大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター客員研究員。
      2007年9月からアメリカ・イギリスのロースクールに留学し、
      人種差別撤廃条約と各国の人種・民族差別撤廃法を学ぶ。
■主 催:人権政策制度研究会
■共 催:アムネスティ・インターナショナル日本
      公人による性差別をなくす会
      選択議定書と国内人権機関を実現する共同行動
      レインボー・アクション
■問合せ:090-8485-6614(寺中)

【連続勉強会】具体的に考えよう~人権機関の役割とは~ 第2回「セクシュアル・マイノリティと人権」

2012.12.05 20:12|連続勉強会
【連続勉強会】
具体的に考えよう~人権機関の役割とは~
第2回「セクシュアル・マイノリティと人権」

学校や職場、地域や家庭など、誰にとっても身近なところで生活しているはずの、セクシュアル・マイノリティ。しかし、多くの人にとっては、まだまだ身近な存在とは言えません。日々の生活の中で、どのような苦悩を抱え、困難を経験しているか、想像し理解することができるでしょうか。

そこで今回、「セクシュアル・マイノリティと人権」と題した勉強会を実施します。

学校や会社で、また、就職や住まいをめぐって、あるいは、「結婚」や社会保障など、多くの人が当たり前に享受できる権利や生活すら、否定されている現状について、当事者の生の声を交えながらご紹介するとともに、私たちが求める「国内人権機関」が実現した場合、セクシュアル・マイノリティをとりまく多様な課題が、どのように解決される可能性があるのか、ということについても考えます。

そして、勉強会を通じて、ひとりでも多くの人に、セクシュアル・マイノリティの抱える苦悩や困難について理解を深めていただくことで、よきサポーターになっていただきたいと考えています。ぜひご参加ください。

■日時:2012年12月20日(木)18時半~20時半(18時受付開始)
■場所:大阪経済法科大学麻布台セミナーハウス4階中研修室
http://www.keiho-u.ac.jp/research/asia-pacific/access.html
■資料代:500円
■スピーカー:島田暁さん(レインボー・アクション代表)他
■主催:人権政策制度研究会
■共催:
アムネスティ・インターナショナル日本
公人による性差別をなくす会
選択議定書と国内人権機関を実現する共同行動
レインボー・アクション

【映像公開】具体的に考えよう~人権機関の役割とは~●第1回「ホームレスと生活保護」●生活保護とは、どのような制度なのか?

2012.09.30 22:21|連続勉強会
ホームレスと生活保護01●生活保護とは、どういう制度なのか?

「ホームレスと生活保護」全映像PLAYLIST

 9月10日に開催されました連続勉強会の第1回「ホームレスと生活保護」の映像を公開いたします。稲葉剛さん(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい代表理事)をゲストにお迎えして行われた勉強会では、まず、寺中誠氏(選択議定書と国内人権機関を実現する共同行動)によって、生活保護が法的にどのような位置づけにあるのかが語られました。




【連続勉強会】具体的に考えよう~人権機関の役割とは~
第1回「ホームレスと生活保護」


 昨今、あるタレントの事件を引き金に集中的な生活保護叩きが起こりました。そうした中、公園で寝起きするホームレスの人々の追い出しがますます加速しています。

 経済的に貧しく、人とのつながりにおいても孤立しているホームレスの人びとの生活と人権はどう守られるべきなのか。それはホームレスの人びとだけの問題ではありません。実際に問題に取り組まれている「NPO法人自立生活センターもやい」の代表理事・稲葉剛さんをお迎えし、ホームレスの人びとを取り巻く問題に国内人権機関はどう対処することができるのか。役に立つ国内人権機関とは?を考えます。

■日時;2012年9月10日(月)18時半~20時半(18時受付開始)
■場所:大阪経済法科大学麻布台セミナーハウス4階中研修室
http://www.keiho-u.ac.jp/research/asia-pacific/access.html
■資料代:500円
■スピーカー:稲葉剛さん(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい代表理事)
■主催:人権政策制度研究会
■共催:
アムネスティ・インターナショナル日本
石原都知事の女性差別発言を許さず、公人による性差別をなくす会
選択議定書と国内人権機関を実現する共同行動
レインボー・アクション

テーマ:日本の未来
ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。